アルケミーの口コミが残念?批判が多い?

最近テレビや雑誌などのメディアなどにも多く取り挙げられ、インターネット掲示板などでも高い評価を受けているのが、「発酵」スキンケア化粧品の「アルケミー」。

この酵素スキンケアのアルケミーの口コミには批判が多いという噂を聞いたので、詳しく調べてみました。

アルケミーの特徴や効果

酵素スキンケア商品のアルケミーはどのような商品なのでしょうか?商品としての特徴と、その効果については以下の通りです。

独自成分「VEGAL」のマルチな効果

アルケミーにはメイク落とし・洗顔料・化粧水・美容液・ナイトクリーム・デイクリームといったシリーズがあり、それら全てに酵母発酵エキス「VEGAL」という成分が配合されています。

このVEGALを構成しているのはアミノ酸・ミネラル・有機酸・糖質で、それぞれが肌のハリと弾力・キメ・肌の引き締め・潤いをもたらす作用を持ち、美肌には必須となる要素をバランス良く含む特別な成分となっています。

保湿効果が非常に高い

独自成分のVEGALもそうですが、そのほかにもヒマワリエキスやラウロイルリシンといった、VEGALと相性の良い保湿成分が肌に高い潤いを与え、乾燥による肌ダメージを防ぐとともに、肌のターンオーバーを促進し、若々しく健康な美肌に大きな期待が持てます。

植物由来成分で安心・安全

アルケミーシリーズに使われている成分のほとんどは植物由来。そのため、とても肌に優しく敏感肌の方でも安心して使用する事が出来ます。

有名芸能人も愛用中!

アルケミーを愛用しているユーザーには、井川遥さんや平子理沙さんといった有名タレントも多数おられます。ここで例に挙げたお二人はともにアラフォー世代ですが、お二方とも年齢を感じさせない超美肌ですよね。

口コミが残念?批判が多いって本当?

アルケミーをネット検索してみると、「危険」や「効果ナシ」などのネガティブなワードがタイトルに入っている記事やサイトを多く見かけます。

これにはユーザー側にも不安を感じておられる方も多いようで、掲示板やSNS上で「アルケミーは本当に効果があるの?」とか、「アルケミーはイマイチって聞いたんだけど…」といった疑問・質問が幾つか投稿されていました。

しかしながら、実際にコスメ比較サイトのユーザー評価を見ても、また、掲示板などの口コミを見ても、批判的な意見が多いという事実はありませんでした。

…というか、むしろ評価的にはかなり優秀でしたね。もちろん、実感出来る効果には個人差もありますし、全く悪い口コミが無いという事はあり得ませんが、スキンケアコスメとしては非常に評価を高く受けている部類に入るかと思われます。

まあ、この辺りは様々な雑誌等のメディアにおいても「実力派スキンケア化粧品」として特集されているくらいですので、品質についての信憑性は高いです。

以上の事を総合的に考えてみれば、否定意見は許容範囲内、かつ個人差による要因に依るところが大きく、それらは使用方法の誤認・継続使用期間の不足などを見直す事で改善される場合も多いのではないかと感じます。

効果的な使用方法は?

前述にて少し触れた事ではありますが、アルケミーは一つの商品ではなく幾つかのシリーズによって使い方が異なるため、それぞれに合った使い方をする必要がありますが、それよりもまず「毎日欠かさず使う」、かつ「ある程度の期間続ける」という事が最重要事項かと思われます。

アルケミーは高い保湿効果が最大の特徴ですが、肌が潤ったからといって即肌トラブルが解決されるという事はなかなかありませんので、購入後にすぐに効果が実感出来ない場合でも、せめて2~3ヶ月程度は継続する事をおすすめしたいところです。

また、アルケミーの使用方法については、基本的にシリーズ別の用途に合わせて、化粧水なら化粧水、美容液なら美容液と、普段使っているケア用品と同じように使っていただければそれで問題ありません。

一つコツを挙げるとすれば、「毛穴をしっかり開いておく」というのがポイントでしょうか。具体的には入浴後(夜寝る前)のタイミングがベストかと。

毛穴がしっかり開いていれば洗顔時に毛穴に詰まった皮脂汚れが落ちやすくなり、更にそれぞれのアイテムに備わっている保湿成分が毛穴から角質層の奥に浸透しやすくなります。

角質層が柔らかくなればターンオーバー効率が高まったり、角質層の奥のメラノサイトに美肌成分が作用してメラニン生成を抑制してくれたりと、まさに良いこと尽くめです。

もしもアルケミーを使ってみて「イマイチ効果を感じないなぁ」と思われたならば、こういった事に注意してみると良い方向に向かう可能性は高いと思いますよ。

アルケミー口コミ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です